新しい自然を供創

私たち豫洲短板産業株式会社は、100年後になりたい姿を「新しい自然を供創(水・空気・エネルギー等)」と設定して、そうなるためには今何をするかを考えています。現在は、ステンレス流通業という枠を越えて自然を意識した産業・企業・ヒトとのネットワークを構築するステージにいます。CSR活動として紹介する団体は、ステンレス流通業の枠を越えたところでお付き合いしている団体です。

社会福祉法人水仙福祉会
風の子そだち園

本社と同じ大阪市西淀川区に『風の子そだち園』という障害を持った方が社会生活をする基盤を提供している施設があり、同じ地域で生きる仲間としてお付き合いをしています。パン工房から毎月1回パンの販売に来ていただいたり、和太鼓楽団に弊社のイベントで演奏していただいたり、農園作業の作物を販売していただいたりしています。
弊社で成人式を迎える社員は、同園が開催される「新春の集い」というイベントで皆さんにお祝いをしていただいています。

中国四川省涼山イ族
涼山信頼農園

2011年中国に事業進出して以来、中国への貢献のひとつとして少数民族であるイ族の子供たち10名への学費支援を行っています。遠く離れた地で将来に希望を持った子供たちが一生懸命学び地域のため社会の為に活躍しようと頑張っています。
大人になり一緒に仕事ができる日を楽しみに子供たちの成長を祈っています。

一般財団法人 日本熊森協会

日本の森林破壊は想像以上に深刻です。普段の生活では感じることの少ない奥山の現状を同協会を通して知り、企業として出来ることを模索しています。
次の世代に住みよい日本を残すために、同協会の支援を通して活動しています。
WEBサイトはこちら

YOSHUホール

100名ほどが入る主にクラシック音楽向けのホールです。上質な木のぬくもりが感じられるあたたかな空間で、コンサートや発表会、リハーサルにご利用いただいています。
運営を指揮者:西本智美さんの事務所にお願いしています。毎月マンスリーコンサートが開催されて、時には西本智美さんが解説者として出演してくださいます。
WEBサイトはこちら

大阪FC

大阪にも市民が立ち上げたサッカークラブが誕生しています。Jリーグを目指し活動している同クラブを応援することで大阪の元気に貢献したいと考えています。
WEBサイトはこちら